人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2013年4月1日から新しい短時間型デイサービス始まりました。


by ikiikiseikatsu

3月18日は「春の睡眠の日」です!!

平成26年3月18日(火)

こんにちは(^O^)

いきいき生活支援センターです。

今日は、「春の睡眠の日」です

よりよい睡眠について多くの人に知ってもらうため、

睡眠健康推進機構が2011年に「睡眠の日」を制定しました。

睡眠の日は1年に2回あり、春が3月18日で秋が9月3日です。

3月18日は、欧米で行われている世界睡眠デーに合わせて決められました。

9月3日は、「グッスリ」のゴロ合わせから来ています。

春の睡眠の日を挟んだ3月10日~3月25日は、「睡眠健康週間」です。

快適に眠るための7つのポイント


1.快適な睡眠でいきいき健康生活

グッスリ眠ってスッキリ目覚めれば、ストレスが減って疲労も回復しやすく、ミスや事故が防げます。
逆に睡眠に問題があると、生活習慣病をはじめとした多くの病気にかかりやすく、
寿命も短くなってしまします。


2.睡眠は人それぞれ、日中元気はつらつが快適な睡眠のバロメーター

健康な人の多くは、7時間前後の睡眠をとっています。
しかしこれは統計的な値でしかないので、あまりこだわり過ぎてもいけません。
睡眠は本来とても個性的なものですから、自分に必要な睡眠時間を知り、しっかり眠ることが大切です。


3.快適な睡眠は、自ら創り出す
生活の習慣や寝室の環境によって、睡眠の質が大きく変わります。
カフェインは夕食以降は控えて、睡眠薬代わりの寝酒もやめておきましょう。
不快な音や光を防ぐためには、耳栓やアイマスクが有効なことがあります。


4.眠る前に自分なりのリラックス法、眠ろうとする意気込みが頭をさえさせる

眠る1時間前にぬるめのお風呂に入ったり、眠る直前に軽くストレッチングをしたりして、
体と心をほぐすと寝つきがよくなります。
逆に、刺激的なテレビやゲーム、仕事のメールチェックなどは、緊張を高めて眠気を減らしてしまいます。


5.目が覚めたら日光を取り入れて、体内時計をスイッチオン

朝、強い光を浴びると、睡眠ホルモン・メラトニンが減って目が覚めてきます。
また、光が体内時計をリセットしてくれるので、スムーズに新しい1日が始まります。
朝に光を見て14~16時間たつと、今度はメラトニンが増えてきて自然に眠くなります。


6.午後の眠気をやりすごす

昼食後に眠くなるのは、自然な眠気のリズムです。
午後3時までに若い人なら15~20分、高齢者でも30分までの昼寝をすると、午後の眠気が軽くなります。
3時のおやつにコーヒーやお茶を飲むことも、眠気対策になります。


7.睡眠障害は、専門家に相談

不眠が2~3週間も続くときには、うつ病や生活習慣病などの病気が隠れていることがあります。
早めに医師に相談しましょう。日中の強い眠気や、睡眠中のいびき、足のむずむず感なども要注意です。

3月18日は「春の睡眠の日」です!!_e0317561_14462356.png


姫路市白浜町宇佐崎北1丁目13番

いきいき生活支援センター

079(246)3009
by ikiikiseikatsu | 2014-03-18 14:35 | Comments(0)